自転車とカメラとスクーター、最近は旅客機ばっかw

旅客機写真、ドライブ先の出来事など、写真付きで節操無く書き込んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇祭、『杷木の泥打』に行ってきました。

お久でございます(^^

先日のブログでお伝えした3月28日に、

福岡県朝倉郡杷木町大字穂坂の阿蘇神社にて、『杷木の泥打』というお祭りが開催されました。

いや~噂通りの泥だらけの奇祭で・・・お陰で泥攻撃をたくさん受けました(^^;

いや、離れて遠くから撮ればいいのですが、やっぱね~近くからでないと臨場感がナイのです。

さて、ここでこの祭りのおさらいを・・・
(以下、引用)

<杷木の泥打の内容説明>

阿蘇神社は江戸初期(1692年)頃、
穂坂地区の産神として熊本県の阿蘇大明神を勧請した神社である。

ここには俗に「泥打ち祭り」と称され、
福岡県が無形民俗文化財に指定した奇祭が毎年3月28日に行われる。

祭り当日、宮座に集まった氏子達に二升入りの大杯がまわされる。

一回り飲み終えたところで「おみくじ」をひき、
今年の代宮司(臨時的な宮司さんの事)が決められる。

境内では神紋が入ったハッピを着て、赤たすきがけに手拭を被り、
腰にはシメ縄を捲いた小学5,6年の12名の男の子たちが、神田から運ばれてきた土を水でこねて泥土をつくり、代宮司が現れるのを待ち構えている。

やがて神殿で純白の神衣に着替えた代宮司は、
神殿の「神の座」から境内に下りて来る。

泥土の中央に座るやいなや、子供達は代宮司の頭から泥土を塗りつける。

「白い所が見えないように泥をぬれ」「まだ、ここが白いぞ」と大人たちがの興奮した声があちこちから聞えてくる。

大杯で飲んだ酒の酔いがまわってきた代宮司は、
全身に塗られた泥の重さもあってなかなか立ち上がれない。

両脇からの若者の介添えで、やっと代宮司はフラフラと立ち上がる。

牡獅子、雌獅子の先導で地区はずれの道祖神まで(約500m)
ヨロヨロ、ヨロヨロと歩きはじめる。
介添えがなければすぐにでも倒れそうだ。

この道中、4~5mおきに泥土が用意してあり、
12名の子供達はこれらの泥土を取って代宮司めがけて投げつける。

泥のつぶては参観者の方にも飛んでくる。

何もかにもが泥だらけ。まさに奇祭である。

代宮司の体に泥がつけばつくほど、その年は大豊作との言い伝えがある。





この子供達が、泥を打つんですよ。

あ、代宮司が出てこられました!



泥を塗り始めます。



始まりました~!



















正面の桜が綺麗・・・って、余裕も無く泥から身を守ってました(^^;



















もうすぐ道祖神です。



最後の最後まで泥を付けます。沢山付けないとねw





到着しました。儀式が始まります。





あれほど声を荒げたり騒いだりの祭りなのに、
この瞬間は静かで厳かな雰囲気が漂います。





いや~まさに『奇祭』



↑のお陰で、野次馬ながら参加させて貰った気分になりましたw
スポンサーサイト

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

  1. 2009/04/03(金) 11:45:17|
  2. ドライブ観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

090201 『大牟田市動物園』

昨日は大牟田市動物園へ行きまして。



大牟田市 動物園は、福岡・熊本両県の境の町である、
大牟田市のほぼ中央にある「延命公園」内にあります。

「延命」の名前は、延命公園のある片平山一帯が、
古くから延命寺という寺を中心とした仏道修行の場所だったことに由来しています。

箱型の石棺を安置した宅ヶ峰古墳も公園内の山頂にあり、
古墳時代の昔から地域住民に大切にされてきた森といえます。

この豊かな自然林に覆われた片平山一帯を利用して昭和15年
(1940年)に延命公園が開設され、動物園は翌昭和16年
(1941年)10月に「延命動物園」という名前で開園しています。
市民に67年間も愛され続けている動物園です。


↑HPより引用

さて、ここは鳥類、哺乳類に爬虫類と色々居ます。



このイヌワシは目が見えないんだそうですが、目付きは野生のそれでした。



孔雀もウロウロしてますw
今回は羽を広げてはくれませんでした(^^;



おしどりの夫婦。やっぱり仲がよいのか?



保温ライトに照らされたケヅメリクガメw
寒いからね~・・・・



日向ぼっこのカンガルー(笑)
全く動きが無い方達でしたよ(^^;



猿も色々と居たのですが、ここの檻は隙間が細かくて・・・・
他の檻もそうですが、写真を撮るのにはちょっと向いてません。



ホワイト・タイガー。
このコは、日本でも一番の美白虎なんだそうでw



もちろん、ライオンさんも居ます。









私の一番のお気に入り♪
ジャガーの『しずか』ちゃん(笑)名前が可愛いですな。
とても綺麗なジャガーです、触りたいなぁ~触ったら喰われるな~(^^;





レッサーパンダの『しょうた』君。
目つきがちょっと悪い(^^;



こちらは『そら』ちゃん。
やっぱ女の子らしい優しい顔です。



アミメキリンの『リン』君。
こうして顔を見ると、やっぱキリンってウシ目なんだな・・・と思います。





機関車が何故かここに。

この型の蒸気機関車は通称「ハチロク」と呼ばれ急行および幹線旅客機用としてつくられました。
動物園に展示されている48696号機は672台製造された機関車で主に南九州で活躍した機関車です。
昭和63年に復活し平成17年の夏まで走っていた「あそBOY」という機関車と同型機であったため多くの部品を提供して兄弟である「あそBOY」を助けました。
当園のハチロクは、走行距離1,877,138.1kmで、地球を約47周分も走ってきた機関車です。

↑HPより引用

いや~久々の動物園でした(^^

入場料も安くて、まったりしてる大牟田市動物園。

機会があれば行ってみてくださいな(^^

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/06(金) 12:23:50|
  2. ドライブ観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW鹿児島ドライブ 20080504~5

GWは鹿児島に行きまして。

去年に引き続きのGW鹿児島ドライブですが、鹿児島は大隈半島・薩摩半島とに分かれてるし、
色々とまだ見てないトコも多いので今年も・・となりました。

初日、午前3時出発・・
が、彼女の『洗車してないから洗車して行こう』の一言でまずスタンドで洗車から(^^;;

結局、久留米を出たのが4時近く、ひたすら国道3号線を南下します。

朝は連休中とはいえ道路はガラガラで、スムーズに走れます。

八代インターより高速へ。

今回は、薩摩半島を先に巡りますので、
九州自動車道から指宿スカイラインを南下、知覧町を目指します。

途中で見えた桜島。



2日間ず~っと霞んでて、最初で最後に見えた桜島でした。

さて、知覧の武家屋敷群に着き散策・・暑い!!



どの家にも、門の先は壁(?)がありました。



こんな自動販売機が(笑)景観を壊さない配慮でしょう。



屋敷の中も、庭園が綺麗に整備されてました。
(ただ、庭園は人がいっぱいなんで一部を・・)


さて次は、本土最南端の駅『JR西大山駅』へ。
今はリンク先の画像より周囲が整備されてて、駐車場もあります。
以前の様な風情はなくなってしまいましたが、訪れやすくはなりました。

こんな看板があります。



あまりに記念写真を撮る人が多く、私は遠くから開聞岳をバックに。



次は長崎鼻の灯台へ、薩摩半島の最南端(先っぽ)です。



長崎鼻より開聞岳を望みます。



宿を取っている国分市へ帰る前に思い出の場所へ。
幼稚園児のときに家族で来たことある国民宿舎『開聞荘』。



ここで見た流れ星と言うか、隕石?の落下が強烈に印象に残ってるんです。

ゆっくりと巨大な火の玉が右から左へ落ちてゆくのを、
泊り客みんなが窓から見ていたのをよく覚えています。
(翌日の新聞にも大きく載ってました)
残念ながら去年閉館したようですが、確かこの裏手が開聞岳を望める砂浜だったので
道路の隙間から入り込んで行ってみました。

いや~、誰も居ない黒い砂浜と当時そのままの景色・・ちょっと感動!でした。

国分市の夜は、美味しいものを食べて終わり。
明日は鹿屋航空基地へ・・雨が心配・・(^^;;

次の朝は雨~( ̄▽ ̄;)


でも、鹿屋に着く頃は曇り空に変わり、急いで展示機達を撮影します。

こちらこちらにまとめてます。(画像だけですみません・・)

屋外なので保存状態は良くはありませんが、実物を近くで見れるのは嬉しい事です。

私のお気に入りの二式大型飛行艇12型



相変わらず・・・良い♪

ただ、やっぱり貴重な飛行機なんで、せめて屋根くらい付けて欲しい。
世界に一機しか残ってないんですから・・どうにかならんかいな?

ここが終われば、私の鹿児島観光は終わりw
あとは彼女の買い物に付き合うだけです(^^;

私の自分へのお土産~♪



取り扱ってるトコが限定されてるんで、お店を探して買占めてきました(笑)

まぁ、今年も半分は雨に祟られましたが、
事故もなく帰って来れたんで良しとします。

来年は・・・ドコに行こうかなぁ~・・
  1. 2008/05/09(金) 17:46:58|
  2. ドライブ観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

由布院、『岩下コレクション』へ。

先日、由布院に行きまして。

道中、雪で道路の心配しましたが無事到着!さすが観光地、寒くても人は多いw

雪を纏った由布岳を眺めながら彼女の楽しみ、美味しいものを食べつつ散策。

でも・・

私の目的は『岩下コレクション』に行く事!



ここは、昭和の物やバイクが展示してあって有名なトコなのです。

中は1階の『昭和レトロ館』『世界のモーターサイクル歴史館』に分かれてて、
レトロ好き、バイク好きの私にとって天国なのです♪

まずは1階の昭和レトロ舘へ。
ジャンル別に展示してあって、昭和のものがたくさん有ります。

      

私の好きな、招き猫w



私の好きな・・・



では、2階の『世界のモーターサイクル歴史館』へ。

ここはホンダのコーナーです。
中央のスクーターは『ジュノオ』高級スクーターでした。

      

ホンダCB92、どくろタンクと呼ばれてました。
バイク屋時代、レストアした事がありますが、良いバイクです。



BSA、ヴェロセットなど。バイク屋の時いじってましたが、やっぱ格好良い~♪
SR400を改造して、ロッカーズを気取ってたのが懐かしい・・



ハンドチェンジのヴェロセット?この年代のは独特の雰囲気がありますね。



モーガン・スリーホイーラー。これ乗りたい!楽しいらしいですよ。



このほかにも貴重なレーサーとか沢山有ってもう・・パラダイス♪

150台以上あるバイクをすべて写真に収めましたが、興奮状態でw
今度はゆっくり落ち着いて(一人で)見て周りたいです。
(彼女は全く興味ないので・・)

由布院に来られる機会があれば、是非ここも見てくださいね!
興味無くても楽しめますよ。


  1. 2008/03/08(土) 00:23:23|
  2. ドライブ観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

セッポン

Author:セッポン
最近は、福岡空港の写真が多いですw

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。